ごま

やはり担々麺というのは、ごまペーストをどれだけ使用しているかでおいしさが決定する。
気がする。

それは日本人向けなのかもしれないが、ペーストでぎとぎとの方がいい。
麺にスープいやペーストが絡むし、そもそもごま風味のものはおいしい。

それがどうだ。
一級河川のようなスープでといた、ペーストが体をなさないやつ。
その、ペーストが体をなさないやつを、一級河川のようなスープの上にちょこんと乗せたようなやつ。

あれは一体どういった了見なのだろう。

担々麺は甘辛くなったひき肉が乗っていればいいのだろうか。
それとも山椒が効いていればいいのだろうか。

それよりもごまペーストだ。
言い方は悪いが、ちょうど汚泥で身動きとれなくなった麺みたいなやつだ。

よく見かけるだろう、汚泥で身動きとれなくなった麺を。
あんな感じがいい。

ということで先日、そういうのを食べたかったのだが、やめた。
それは、そういうのがどこのお店で出ているかを知らないということと、実は担々麺を食べると大抵腹を下すからであり、結構腹を下すくだりは内緒である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です