ワイド

「従来のブラウン管テレビと薄型ワイドテレビが混在する今こそ、でぶフェチ激増の期待が高まるのです」
何気にそう思っている。
今から10?20年後くらい、でぶフェチの推移を観察したい。
近い未来、太った人が基準となり、もはや「でぶフェチ」という言葉すらなくなるほど浸透しているかもしれない。
※そのとき、今のでぶフェチに相当するのは「病フェチ」だろう。
どこぞの国では既に昔からワイドテレビなのかもしれないし、表示比率の差異による「横のび」がどれほど人間の嗜好に影響を与えるのかが気になるのだ。
???なんとなく考えた、でぶフェチ判断方法???
以下が、でぶフェチと考えて問題ない人達である。
・電車の中で「肉と肉の間に手を入れると気持ちいいよね?」と電話越しに話す。そのとき頷いたもの。
・公園にあるタイヤを使用した遊具の近くて、待っているもの。
・見る順番が「腹、顔、もも」のもの。
・相撲観戦に誘うと、必要以上におめかししてくるもの。
・ボディランゲージが全体的に強いもの。
・飲むわけではないが、水を大量に持ち歩いているもの。
・ザ!世界仰天ニュースをかかさないもの。
・あふれる風呂の水をみて、なにかしらわかっちゃうもの。
・人の肉のしわが成すさまが、大好きなもの。
このくらいで推移、はかれるだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です