モザイク

いまさらながら、あしゅら男爵は雌雄モザイクなのだということに気づいた。

それは、なんかあしゅら男爵ってモザイクかけるところが多そう、いやむしろ少ないよ、とかいう話ではない。
ということであしゅら男爵、雌雄モザイクの詳細については割愛するが、見れば見るほど、男爵の風貌はクワガタのそれとよく似ている。
男爵が哺乳類であるなら、モザイクとしてもかなりレアな存在だろう。

ところで、あしゅら男爵は男女どちらなのだろうか。

急に雌雄の話からそれてしまって申し訳ないが、「男爵」というのが気になる。
もう男です、と宣言しているようなものな気がするのだ。

せめて「あしゅら」が女性、できれば幼女ならいい具合の中性を保てそうなのだが、あしゅらが幼女という見解は、秋葉原とかにはあるのかもしれないが、僕は知らない。

あしゅら男爵を見ると、明らかに男性の方と女性のほうが、もうそれはそれはわかりやすく、男と女が半々となっている。

しかし、一個体のなかで男の部分と女の部分がきれいに五分ということで、中性ですとは言えない。
例えば、男爵が体を鍛えようとして腕立て伏せをする。

すると、どうしたって女性の方も鍛えられてしまう。
このとき、少し男性側によるのだ、男爵は。
同様に、乙女心がダイエットを試みた時、男爵は女性側による。

要は、ゆらぎがあるのだと思う。

以前、らんま1/2のらんまが50度くらいのぬるま湯を浴びるとどうなるのかを考えた気がするが(考えてなかったらごめん)、それと似たようなゆらぎだろう。

そういう点では、一概に男爵が男女どちらかというのは、実は見た目どうこう以上に軽率には言えないのである。

あしゅら男爵の女性側は、どうやら化粧をしているように見える。
口紅の味を男性側が感じた時、男爵は、どちらにゆらぐのだろうか。
どちらにせよ、モザイクかける範囲が増えなければいいがな!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です