何かが起こりそうだよストーリー リターンズ

ヒロユキが12歳の頃、そのいとこのヨシミは、目の周りが化粧で黒くなっていたっけ。
サトシはそう思った。
ヨシミの同級生のカズヒロはゼリーが大好きだったし、カズヒロと苗字が同じなタカヤは、普通に走るよりスキップの方が速かった。
自分で考えた献立を他人のポストに入れるのが趣味だったトモミはタカヤのことを知らなかったが、レンタルCDの歌詞カードに丸を書くのは原罪であると考えていたし、その弟のツバサはこの間、女房になった。
そんなツバサと血液型が一緒だったハムドが尋常じゃない位の量の汗をかいていた頃、学校の一緒だったシンジは「セシール」のCMのモノマネが、ナミはフラフープが得意だった。
ナミのフラフープを「しっぽをくわえたヘビ」と勘違いしていたハルゾウは寝る前に必ず「お迎えが来た」と言っていたが、その将棋友達のゲンジは、基本的に無傷だった。
ゲンジの来世のオサヨは気の強い女性で、どんな言葉にも「お」を付けなかったけど、それを愛おしく見ていたヘイハチはビーチサンダルだった。
この二人はターミネーターさながら現代にワープしちゃって。
オサヨなんてゲンジと出会っちゃったけど、握手までがぎりぎりだった。
その時代、ショウジは野球の審判をしていて「アウト!」と「アウツ!」を使い分けていたらしいが、ピッチャーをやってたトモキは、二塁のベースが高野豆腐であることを知らないでフォークとかを投げていた。
そんな僕らが、今度「珍プレー好プレー」の乱闘シーンの効果音を作ることになりました。
よろしくお願いします。

何かが起こりそうだよストーリー

「何かが起こりそうだよストーリー リターンズ」への2件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    これも人気ないね
    何も起こらないけど、ようはみんなが繋がってるんだよね~

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    自分ではすごく面白いんだけどなー。
    それにしてもすごい落とし方だね、きみ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です