後退する、平和への意思

うちの庭にニガウリがぶら下がっている。
毎年梅雨時に格子みたいなのを組み立て、そこにニガウリをはわせるのだ。
おかげでうちでのニガウリ需要は100%、自給でまかなわれている。
いつだったか、朝起きると父親が興奮した面持ちで「すごいのを見た」という。
その日の朝、庭に設置された格子に、ハトが2羽ほど飛来したそうだ。
ハトは格子を器用に渡り歩いていた。
ところが、どうした事であろう。
一本の木材の上で、ハトが鉢合わせてしまったのである。
日常の風景に潜む危険。
許しがたい暴挙。
で、ここからである。
なんと、一方のハトがバックしていったというのだ。
ここまで書いてかなりどうでもいい感じだ。
ハトに詳しくないのだが、別におかしなところはないと思う。
だが、何が僕の心を捕らえたかというと「バックするハト」というフレーズである。
「バックするハト」。
何かすごくいい。
致命的に誰の人生にも影響を与えない点がいい。
しかし、ハトが平和の象徴だということを踏まえると、いきなり風刺の効いた名コピーっぽくもなる、リバーシブルなフレーズなのである。
何がいいのかを説明するのは難しい。
しかし、例えば知り合いから開口一番「バックするハトがさぁ・・・。」と切り出されたところを想像してもらいたい。
皆、どちらかを思う。
(コイツ話題ねぇなー)
(おまえ最高)

「後退する、平和への意思」への6件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    俺は(おまえ最高)の方。
    こんな話振られたら、即食いつきますよ。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こいつ~話のネタないな
    と思いつつ、おまえ最高
    秋田の冬にはカラスがバックして飛んでいくよ

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    羽の動きがきれいに真逆になれば、後ろに飛べるのでしょうか?。

  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    吹雪の中で、ぶっ飛ばされてます!
    見た目は、高速バック

  5. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ジェットストリームだ!!。
    ところで、早く寝なさいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です